ダメなおじさんの、ダメな人生 その22

離婚後すぐに僕は再婚を考えました。生まれてすぐに母親に見捨てられた息子がかわいそうで仕方なかったのです。

あのお節介なおばちゃんのところへ行きました。事情を説明し、再婚相手のアテを聞くためでした。

しかし、あのおばちゃんは数ヶ月前から入院していました。その同業者のおっさんやおじいちゃんにも聞いて回りましたが、40歳超えで小さい子供持ちでローン持ちのおじさん顔では話にならないと言われました。

ならばと結婚相談所へ行ってみましたが、同じことを言われました。

結婚なんて一生できるはずがない、そういうふうに思っていた僕が、奇跡的に結婚できたのだから、色々手を尽くせばなんとかなる、と考えたのですが、もちろんそう上手く行くはずがありません。

ちょうどその頃から、

『このままではマズイ』

と思うようになりました。

これまでの人生は、嫌なことから逃げるか、ぐっと耐えて凌ぐ、を繰り返してきたのですが、この状況はその方法は使えないと思ったのです。

この状況からの脱出方法を考えるために、前の会社を辞めた時にやっていた自己分析的なことをやった結果、今の仕事を辞めるのが最適だと思いました。けれど、僕にはローンが残っているのです。

そこで、僕は「人生の一発逆転」を狙うことに特化しようと考えたのです。